男4人のルームシェア生活(^^)

男4人のルームシェア生活〜鬱を討つ〜

男4人でルームシェアをしてます。仕事にゲームに、毎日を面白おかしく暮らしてます。

うつ病だった私が新入社員に伝えたい3つのこと。

どうも!男4人でルームシェア生活~鬱を討つ~を運営している大地です(^^)/

f:id:daichidesuyo:20180224012020j:plain

 

4月といいますと、進学、入社などと周りの環境ががらりと変わり新しいことが始まる時期ですよね。戸惑いはあれども、それと同じぐらいワクワクするようなふわふわとした気持ちになる季節ですね。私自身学生の頃のクラス替えや、大学へ進学したときは毎回ドキドキしておりました( *´艸`)というのも重度の人見知り。。「ひぇ、、友達できるんやろか。。誰か知ってる人いないかな。」と内心心臓がバクバクでした。

なんだかんだで心優しい友に恵まれ、毎回心配損に終わることが出来ていました(*'▽')

 

しかし、会社は違います。

 

そこで今回お伝えしたいのは、会社へ入社した皆さまに覚えておいてほしい3つのことです。会社には様々な人間がいます。優しすぎる人から規格外の理不尽を超越した人まで様々です。

 

1.嫌な上司は200%います。

1-1.営業はノルマの世界。達成しないと色々言われるのは当たり前。

入社後1週間で配属され社会の中に放り込まれる人、または手厚い研修を半年ほど受けてから配属される人などとその会社によって様々です。しかし変わらないのは配属されてからの上司からの扱い。ノルマ(目標)が達成できなければ、うるさく言う上司が世の中には多いです。

でもそんなの出来なくて当然なんです。気にする必要はありません。だって入社して1週間で一体何が出来ましょうか。その時点でノルマを達成出来てしまう仕事なんてたかがしれています。まぁ元々喋りが上手な人はそれだけで乗り越える人もいますが。

そんなことで凹んでいてはもったいないです。最初は失敗して、怒られる方が自分にとっていいです。なにくそ!という気持ちをもって、勉強すればおのずと結果はついてきます。

1-2.電話対応は最初が苦痛がだが慣れてしまえば何でもない。

電話対応って嫌ですよね。私の場合、ちゃんと聞き取れるか不安だったし、もし聞きそびれたりして、上司にうまく繋げれなかったりしたらと考えると出来る限り出たくありませんでした。

でも自分しか出る人がいなかったので(みんな会社支給の携帯の方で電話している)、気合を入れて、ペンとメモ帳をすぐ近くに置いて電話対応していました。そうこうしていると段々慣れてきて、最初は聞き間違えが絶えなかった私でしたが、聞き取るコツが段々と分かってきました。内容を全部書くのではなく、単語、単語を記すのです。

「○○○○銀行○○○○○○支店の○○○○○○営業部の○○です。」などと時折、めちゃくちゃ長い部署名の方から電話がきます。電話が苦手な人にありがちですが、全部記憶しようとするんですよね。そんなもん無理です。【○○○○銀行/○○○○○○支店/○○○○営業部/○○】という感じで単語ごとにインプットするような感じです。

・・・なんだか大して変わらんやんと言われてしまいそうですが、この考え方結構重要です。

1-3.日々文句を言われても、食らいつこう。

上司が色々と言うのはあなたに期待しているからです。あなたが成長して、会社に貢献すればその上司の評価も上がります。成長してほしいから厳しく言うのです。だから厳しく言われたことをしっかりとメモをし、分からなければどうやったら失敗しないか上司にアドバイスを乞うのです。委縮して、黙り込んで、内々に抱えてしまうとうつ病になります(経験談)。

質問をされて嫌な顔をする上司なんていません。そりゃ何回も何回も同じことばかり質問していたらいつか愛想をつかされます。同じ質問は三回までは大丈夫です。・・・1か月ぐらい間を空けてですが。

 

2.まとめ

以上3点でした。社会人生活は学生時代と違い、たくさんお金が入ってきます。計画的に使えば、きっと学生の頃よりも楽しいと思います。高い時計や車などは特にしっかり計画して購入しましょう。車は大阪、東京では必要ないと思います。駐車場代に2万も3万も払うのはめちゃくちゃ勿体ないです。毎年の自動車税、2年3年ごとの車検、毎月のガソリン代。。家族がいれば必要なこともありますが、よーく考えて購入しましょう。