男4人のルームシェア生活(^^)

男4人のルームシェア生活 ~鬱を討つ~

私のルームシェアやうつ病からの復活の軌跡、知ってほしいことを書いてます。

新入社員営業マンだった私が研修の時に注意された3つの基本的なこと

どうも!4人でルームシェア生活~鬱を討つ~を運営しているだいちです!

 

今年も早いもので6月に入りました。今年の4月に入社した方はそろそろ研修を終えて、本格的に業務に取り組むようになってきた頃ではないでしょうか。この時期の新社会人にありがちなことですが、まだまだ学生気分でいる人が多いのではないでしょうか?

f:id:daichidesuyo:20170611022540j:plain 

 

ここで改めて社会人として基本的な事項を再確認する必要があります。社会人は学生の頃と違い、ちょっとしたミスが会社にとって致命的な大損害となりうることが往々にしてあります。

今一度初心に戻って学生気分から脱出する必要があります。そこでこれだけは気を付けて頂きたいことが3つあります。

 

1.忘れ物を絶対にしてはいけない

まず営業マンだけに限らず、絶対に忘れ物をしてはいけません。周りの同僚や上司などであれば、1回か2回は許してもらえるかもしれませんが、これがお客様相手にしてしまった場合、その1度のミスで今まで積み上げてきた信頼が一瞬にして崩れ去る可能性があります。

事務の方でも忘れ物や約束事を忘れることが多数あると、部署内での信頼もなくなり、「あいつに大事な仕事は任すことは出来ないな。」とチャンスすらもらえなくなります。

2.挨拶はこちらから率先してやる

大きい企業であればあるほど別のフロアの方とすれ違うことが多くなります。特に朝方はエレベーターなどで一緒になります。会社の方は今年の新入社員はどういう子なんだろうと興味津々です。にも関わらず、黙っていると「今年の新入社員は何だか暗い子だなぁ」と思われてしまいます。

 最初の内は会社の関係者だと思ったらすれ違う人全てに挨拶をするべきです。そうすることによって他部署の方とも知り合うことが出来るかもしれませんし、そうなれば会社も嫌じゃなくなりますし、私のようにうつ病になるようなこともないでしょう。

3.人が嫌がる作業を予測してそれをやる

 誰もが職場のフロア内で気持ちよく仕事がしたいものです。職場の汚れている便器のトイレなんて誰も使いたくないですよね。しかし汚れているのは嫌だけど、進んでそこを掃除しようなんて人はそうはいません。

そこを新入社員であるあなたが率先して掃除するのです。誰かの目に留まったら絶対に「ありがとう」の声をしっかりかけてくれます。役職の高い人ほど掃除をする習慣を持つ人が多いので、もしかしたらその人とばったり出くわすかもしれません。 

そしたら「今年の新入社員は素晴らしいな、何か仕事を与えてみようか」なんてことも往々にしてあります。人の嫌がるところには、このようなチャンスが転がっています。積極的に拾いに行きましょう。 

4.最後に

私はこれらの基本的な事をしなくて会社の中での居場所がなくなり、うつ病になって休職することになりました。もちろんこれだけが理由というわけではありませんが、うつ病のきっかけになったことは間違いありません。

会社での居場所をしっかりと獲得しましょう。それが出来れば会社を辞めたいなんて考えは絶対に起こりえないでしょう。

 

 

 

p.s.今日の記事は私自身への戒めです。これらの基本的な事をしっかりとやっていって自分に出来ることを少しずつ増やしていきたいと思います。